パンズ・ラビリンスの監督が描く、口のきけない女性と魚人の恋『シェイプ・オブ・ウォーター』

出典: Fox Movies

《基本情報》

原題:The shape of water

出演:サリー・ホーキンス、マイケル・シャノン、リチャード・ジェンキンス、ダグ・ジョーンズ、マイケル・スタールバーグ、オクタヴィア・スペンサー

監督:ギレルモ・デル・トロ

あらすじ
1962年、アメリカ。政府の極秘研究所で清掃員として働くイライザはある日、施設に運び込まれた不思議な生きものを清掃の合間に盗み見てしまう。“彼”の奇妙だが、どこか魅惑的な姿に心を奪われた彼女は、周囲の目を盗んで会いに行くようになる。幼い頃のトラウマからイライザは声が出せないが、“彼”とのコミュニケーションに言葉は必要なかった。次第に二人は心を通わせ始めるが、イライザは間もなく“彼”が実験の犠牲になることを知ってしまう。“彼”を救うため、彼女は国を相手に立ち上がるのだが──。 引用元:20世紀フォックス

出典: Fox Movies


ギレルモ・デル・トロ監督独特の、ダークで幻想的な映像美が魅力。舞台となる実験施設は、暗くおどろおどろしくも、どこかレトロでおとぎ話のような世界観。主演のサリー・ホーキンスは『パディントン』で茶目っ気のあるママ役をやった方ですが、孤独で薄幸なイライザ役をやると悲壮感がハンパなく、興行収入目当てに「あなたまだまだ夢も希望もあるでしょ〜」とツッコミたくなる若い美女を使わなかったのが、いいっ👍
『パンズ・ラビリンス』同様、残虐で野心家の悪役が上司として登場し、人間の暗部をこれでもかと見せつけていきます。しかし、進化しているのは、それを上回る美しい愛の物語として昇華しているところ。『パンズ~』は最後の最後まで暗かったなぁ…、という印象でしたが、今作では、暗い現実を暗いままで終わらせない「希望」や、「人間のダメさをある程度受け入れる寛容さ」を、そこかしこに感じました!観た後にはロマンチックな余韻に浸れます(うっとり😊)

愛は言葉では説明できない

出典: Fox Movies

私たちは気持ちを伝える時、大抵は言葉で伝えます。

「愛してるよ」とストレートに言うこともあれば、相手を褒めたり、気遣う言葉をかけることで表現することもあるでしょう。でも、相手の感じている「愛してる」と、こちらの感じている「愛してる」は、はたして同じ気持ちでしょうか?

感動した小説の内容を人に伝えようとして「あらすじ」を説明したとしても、その時感じた気持ちを伝えることができないように、愛にまつわる言葉はいつも、愛の「あらすじ」を説明するだけです。

本当にたった今、胸の奥にわきあがってくる気持ちそのものを、言葉で完全に表現しきることはできないのです。

声帯に障害がある主人公イライザと、捕らえられた魚人は、そもそも言葉を話すことができません。(魚人は最後まで「彼」としか言われていなくて、ほかに呼びようがないのですが──、「名付けようとしない」ということ自体に、言葉を使わない二人の関係性が象徴されているような気がします)

一方、二人のまわりにいる登場人物たちは、実によくしゃべります。毒舌でマシンガントークな女友達デリラや、エスプリのきいたトークをする売れない老絵描き。口を開けば嫌味ばかりの上司と、かしましい妻。

でも、そんな人たちがたくさん話すことで、本当に他人と心を通わせているのかというと…

全然そんな風には見えません。

古女房のデリラと夫の間には「どうせわかりあえない」というあきらめがあるし、絵描きの方も、どんなにインテリを駆使したシャレた話を披露しても、打てば響くような反応が返ってくる会話の相手はいません。飼っている猫と、ただ無言で話を聞いてくれる隣人のイライザ以外に、だれも相手にしてくれる人がいないのです。

だれもが、しゃべっても、しゃべっても、しゃべっても、通じ合えない、暗い海底のような孤独の中にいる。

そんな中で、イライザと魚人の、まったく言葉に頼らない心の交流が、見るものの胸を締めつけます。なぜなら、そこには、恋をしたときに感じる言いようのない気持ちが、言いようのないまま、描かれているから。

間違った言葉で歪められることも、言葉で表現できる範囲に小さくまとめられてしまうことも、ありません。

そんな想いがやがて、水面から差しこむ光のように、デリラや絵描き、そして孤独とあきらめに満ちていた作品全体を包み込みこんでいく。

* * *

恋をした時の私たちの頭の中は、とくにおしゃべりになりがちです。

相手の言ったことを思い返しては、深読みしたり誤解したり。あんなことを言ったのは(それとも言わなかったのは)まずかったかもしれないと思い、自分の頭の中を言葉で分析しては、ときに本心を隠すために、当たり障りのない会話をしようとする。

そんな言葉の洪水の中では、うっかりすると、自分の本心すら見失ってしまいそうになります。

そんな時はいったんおしゃべりをやめて、胸のうちに湧き上がってくる気持ちを、ただ感じてみるのがいいのかもしれません。

愛しさ。切なさ。不安。鼓動の早くなる、あの感じ。

TVでもネットでも本でも、言葉に惑わされることが多いこの騒がしい世界の片隅で、この映画はそんな静けさを、そっと教えてくれようとしているのかもしれません。

ギレルモ監督の映像が気に入ったら、『パンズ・ラビリンス』もおすすめ!

出典: Amazon

ダークファンタジーの傑作と評され、アカデミー賞3部門とった代表作。ギルレモ監督の暗くて幻想的な原液が凝縮されています。残酷なことばかり起こる現実から逃れるように、夢の世界との狭間を行き来する少女。でもその幻想も、美しくも、子供の不安をそのまま映した悪夢のような雰囲気で──。ファンタジーの世界が実在すると信じるか、妄想だと考えるかで、結末の印象がだいぶ違ってくるでしょうが、私は後者のように感じてしまったので胸にズドーンときました。それでも、どんな状況下でも、空想の翼を羽ばたかせれば心は救われる、というメッセージ性も感じます。

▼いまだに根強いファンを持つ本作は、ギレルモ監督直筆スケッチでの設定資料やストーリーボードがついたDVDボックス、アートブックもあります。

出典: Amazon

出典: Amazon

出典: Amazon